Regreen

Language

Edible Biotope 6

ビオトープの再生

今日もお茶人の知人が来てくれて、草で生い茂ったビオトープの草を抜き、草が生えないように、かつ、食べられるものが収穫でき、かつ、見た目もいいソバの種を蒔いて、島の部分(京北の郷土料理に形が似ているので納豆餅島と命名)にトウモロコシの苗を植えました!

石垣の脇の花壇にはハーブを4種類植えました。
また一歩エディブルガーデンが進化しました!

今日は京北も30℃を超える真夏日。
京都市内より5℃くらい低いとは言われますが、日中の暑さはやばい・・。
熱中症にならないように気をつけながら休憩を適度に挟みながらゆっくり作業しました。

お昼ご飯はおいしい牛肉で有名な地元のときわさん。
昼時少し過ぎての入店でビフカツが安くなってて嬉しいご褒美!笑

作業した後のお昼ご飯は超絶眠くなり、市内と京北のおいしいお菓子とともにまた自家焙煎のコーヒーでブレイク。
飾りのもみじも家の庭のもみじの木から、これぞ地産地消!笑

小豆の種も入手したので、今度はお茶菓子をつくるため小豆も育てようと思います。

草を抜いていくと1ヶ月前に種を蒔いたコスモスが元気に育っていたり、苗を植えたアジサイが大きくなっていたり、コキアもまるまると大きくなっていたり、トマトもたくさん色づいてきたり、イネも間近で観て元気に大きくなっていたり、サトイモもメロンも大きくなっていたり、ほとんど放ったらかし農法ですが、みんな元気に育っていました。
そして、新種発見、黄緑色のバッタが数匹発見!
ビオトープに新たな仲間が増えました

作業を終えた後は抹茶と地元のお豆腐に今日収穫した薬味ネギでフィニッシュ。
夕方過ぎると気温も下がり、涼しい風も流れ、ヒグラシも鳴き、爽やかな夏の夕暮れになります。朝晩は涼しくて京北に住んでてよかったなと思えます笑

それにしても、一日の作業、タイムラプスで再生すると改めてあっという間ですね笑
特殊能力を身につけてこんな速さでできたらな笑笑

2、3ヶ月後にはイネとソバが収穫でき、収穫祭お茶会ができそうです!

トマトやパプリカ、万願寺とうがらしはもう少しで収穫ラッシュになりそうです!

関連記事